Home » 2017 » May

Monthly Archives: May 2017

自己破産を回避するため、私が取った行動

「自己破産」を回避するために、「任意整理」と「個人再生」という手段があります。程度の重さは、「任意整理、個人再生、そして自己破産」の順となります。右2つは、裁判所に申し立てを行います。法テラスhttp://www.onealite.com/の弁護士に相談して、お金の問題を解決しましょう。

【体験者の情報】
性別:男
職業:会社員
年齢:31歳
借入額:0万円
借入先(業者):なし

自己破産と官報

自己破産は、とても辛い行為です。官報に名前が載りますし、その人に対する信用も失われます。少なくとも、クレジットカードが作れず、新規借入も出来ません。すでにローンを組んでいる方は、支払いが免除されるか、残額の一括精算を求められます。

法律と国民意識

私は法律に関する仕事をしている人間です。仕事をしていますと、「法律に関する知識」に明るくない方が多くおられ、とてもがっかりしています。法律は、生活に直結します。ぜひ、この機会に勉強して頂ければ幸いです。

自己破産を避ける方法

自己破産を解決する方法は、2つあります。任意整理と、個人再生です。任意整理は、裁判所に申告する必要がありませんが、借金が減るとは限りません。個人再生は、ギャンブルの負債も清算できますが、信用は損なわれます。どちらも、「自己破産よりマシだが、やらないに越したことはない」と考えましょう。

どちらを選ぶかは、弁護士と相談して決めましょう。個人的には、「任意整理をして、個人再生をするかどうか考える」手順が良いと思います。「お金は返すもの」という命題をよく認識して、最後まで諦めずに行動しましょう。

負債を抱えてしまったら

お金の問題は、現状の理解と見直しが大切です。お金の世界は、常に変動しています。言い換えれば、「お金を知ること」で、少しでも良い状況が切り開けます。このことは、歴史が証明しています。

私も、学生の頃、サラ金に手を出してしまい、大変な思いをしました。20歳以上であれば借り入れはできますが、当然、「責任能力がある」と判断されます。泣いても喚いても、誰も助けてくれません。「借りる前に考える、借りたらすぐ返す」を徹底しましょう。

理屈に頼らず、現実を優先しましょう

現実を受け入れるだけで、ずっと気持ちが楽になります。悩みがあれば、誰かに相談しましょう。

私の場合、「クレジットカード」の利用額が多く、返済に苦労していました。つい最近まで、ずっと支払いを続けていました。キャッシングやカードローンの借り入れも、「現実」の財政から逆算して、利用額を決めるべきです。

法テラスのすすめ

お金が無い人は、法テラスを利用しましょう。法テラスでは、法律の専門家が、無料にて相談を受け付けます。手続きにかかる費用も、後払いが選択できます。

もっとも、法テラスは、「真剣に悩んでいて、絶対に費用を支払うと約束できる」人だけが、利用できるサービスです。安易なご利用は、ご遠慮ください。

 

消費者金融は使い方次第!私のキャッシングとの付き合い方

企業は普通借金をしながら運営されています。キャッシュフローが悪くなってしまうと、倒産に繋がってしまうため、お金は企業の生命線であるとも言えます。難しいことを言っているように思う方もいるかもしれませんが、これは個人においても同じです。ローンなどの借金があったとしても、それを回収できる見込みさえあれば、借金をしても何ら問題はありません。そのため私は頻繁にキャッシングサービスを利用しています。

性別:男
職業:会社員
年齢:31歳
借入額:5万円程度を何度も借りています
借入先:アコム

キャッシュフローが悪くなったら

会社員として普通に生活していても、「今月はちょっと厳しい」という人も多いです。少し遊び過ぎてしまったために生活費が少し足りない、または急な出費が度重なってしまったためにお金が無くて困っている、というケースは誰にでも起こり得ることです。これを経営学的に言うとキャッシュフローが悪くなっている状態と表現します。お金が無ければ生活していけないという身近な現象は、企業という規模が大きいものであっても同様です。私も度々そのようなことを起こしてしまいがちですので、キャッシングサービスを頻繁に利用しています。

利用限度額と金利の関係

消費者金融のキャッシングサービスやカードローンサービスは、基本的に利用限度額によって金利が変化してきます。例えば私が利用しているアコムでは、金利は4.7%から18%までとされていますが、これは利用限度額によって発生する金利が変化していることを表します。限度額と金利には、限度額が低ければ金利が高く付くという関係があります。限度額は返済実績が無ければ高く設定させてもらえませんので、金利を安く抑えたい場合は、何度も利用し、そしてきっちりと返済していく必要があります。
勿論、初めて利用する際には、利用者が信用に値する人間なのかどうかは分かりませんので、返済実績を作ることで融資してくれる側もこちらを信用してくれて、限度額の引き上げに応じてくれることになるのです。

無尽蔵に融資してくれるわけではない

それでは信用さえしてもらえば、いくらでも融資してくれるのでしょうか。答えは否。融資してもらえる額は法律によって決まっています。貸金業には総量規制という規制が設けられています。この規制では、利用者の年収の3分の1以上の貸付を禁止していますので、自分の収入によって利用できる金額は変化してくるのです。私の場合は年収が300万円程度ですので、100万円以上の金額の融資を受けることはできません。私は、そもそもそれほどの大金を借りようとは思いませんけど。

融資側との信頼関係

お金を融資してもらう際に発生する金利は、限度額によって変化してくることは前記で述べた通りですが、結局、限度額は融資側との信頼関係によって決まってきます。しっかり返済してくれる上客になることができれば金利を安くすることが可能なのです。
私はアコムを継続して利用してきました。何度も借入と返済を繰り返していますが、返済に関しては1度も遅延したことはありません。そのため限度額は総量規制の限界に設定してもらうことができました。
金利を見て消費者金融業者を選ぶ人が多いですが、私の場合は他の業者から借り入れるよりもアコムの方が金利を安く抑えることが可能です。そのため他のサービスを利用せず、現在でも急に資金が必要になった際にはアコムから融資を受けるようにしているのです。

 

子供の養育費の補填のため、レディースローンを利用

養育費を稼ぐため、パートで働いています。子供の将来と、自分の現状を天秤にかけたとき、自分が情けない人間だと自覚しました。将来をより明るいものにするため、お金を貯めています。レディースローンで子供の幼稚園の月謝などを支払いました。ローン会社はシングルマザーに優しい所だと思います。お金の悩みから解放され、幸せな日々を過ごしたいです。

【体験者の情報】
性別:女
職業:主婦
年齢:34歳
借入額:10万円
借入先(業者):アイフル

養育費は高い

子育てには、費用がかかります。お金をかけずに子育てをすれば、原始人のような生活が待っています。都会で生活している以上、そんなライフスタイルは出来ません。養育費を削らず、生活レベルを落として対応しています。

養育費が高い原因って、日本の物価ですよね。家賃も高いですし、食費もかかります。保育料や小学校の学費も必要ですし、給食費もそうです。もっと母子手当てを加算して欲しいと考えています。なお、実家に住めばいいのですが、実家が過疎地域で、小学校が家から3kmの所にあります。子供の体力を考えると、実家暮らしは難しいと感じています。

どうして、子供を育てるのに、こんなにお金がかかるのでしょうか。この悩みは、日本中のお母さんが抱えていると思います。一部の家庭の子供だけが、大学に通え、高等教育の恩恵を受けられる。一方で、高校すら卒業できず、水商売に手を出す方もたくさんおられます。日本は不公平な国だと思いました。

子供の将来を案ずる

私はシングルマザーですが、子供には幸せになってほしいと思います。現在、パートで働き、生活費を稼いでいます。お金がもっとあれば、もっと楽な暮らしが過ごせますが、そう甘い考えは通用しません。

私は、若いころ遊び人でした。子供の父親は、私が妊娠したことが分かると、家を出て行ってしまいました。以降、この子といっしょに生活しています。もう少し、自分の将来や、今何をすべきだったかなど、色々なことを想像すべきでした。反省しています。

私は、社会に甘えて生きてきました。しかし、社会は私のような人間をダシにして、甘い汁を吸っています。この子には、そういった社会を見てほしくありませんし、できれば平穏に過ごしてほしいです。安定した職に就かずとも、自分の足で立って歩けるよう、サポートしたいと考えています。

レディースローンに申し込み

わらにもすがる思いで、アイフルのレディースローンに申し込みました。このサービスは「レディースアイフル」と言い、女性専用のローンサービスです。年利が最低4.5%で、女性専用ダイヤルが用意されているため、気軽に利用できると思いました。

このローンでは、たくさんの人がお金を借り入れるため、「運転免許証」など、公的な身分証明書があれば、無担保で借り入れが出来ます。私は、「女性向け」という言葉に弱く、思わず使ってみたくなり、この会社の広告を元に、コールセンターに電話をかけました。

個人的には、消費者金融のコールセンターで働きたいとも考えました。しかし、幼稚園の月謝をカードローンで支払った後、少し考え、あきらめました。「私は、お金に関する仕事に就くべきではない」、そう思ったのです。若いころは気付かずとも、年齢を重ねた上で、理解できることもあると思います。

女性同士の悩み相談

悩み事が多い方ほど、一つ一つの悩みの本質を考えていないと思います。私は、金銭以外の悩みを解決するため、早めに人に相談しています。誰かに相談することで、思わぬ解決策が見つかります。この方式は、ありとあらゆる事に適用できると思います。

女性って、悩みを抱えても、相談できないことが多いです。レディースアイフルなら、女性の方が応対してくれますし、気軽に申し込めます。男性のオペレーターにキャッシングの相談をしたくない方は、この会社のサービスが良いでしょう。

人生とお金

人生は、お金が大切です。お金がない人生なんて、あまりにもかわいそうです。私の家は裕福で、私はとあるトラブルで家出をし、今に至っています。子供の幸せを考えると、早めに貯蓄を作り、豊かな生活を保証してあげたいと思います。

子供が大きくなったとき、自分の好きな人生を歩ませてあげるのが母親の務めです。たとえ何があっても、人生は大事なものです。お金に関する心配事を減らすことは、とても大切なことだと思います。現在は、財テクに注目しています。資産を増やして、安定した収入を得たいと思っています。

 

お金を借りる場合は銀行系カードローンを検討するべき

何かの都合でお金を借入れなければいけないとき、あなたならどのような方法をとりますか。
例えば、クレジットカードでキャッシング、消費者金融で融資を受けるなど方法は様々あります。

お金を借りる場合、借入時期、金利、金額などいろいろな観点で借り入れ先を選ぶ必要があります。
そこで、お勧めしたいのが、銀行系カードローンです。

銀行系といわれると、審査が厳しかったり手続が面倒くさいなどのイメージがあると思いますが、そんなことはありません。

まず、銀行系カードローンの特徴は何といっても金利です。
消費者金融系の場合は最大18%前後に対し、銀行系は14%前後と低く設定をしています。

次に、総量規制対象外のため、借入可能額も年収の1/3以上でも可能なため、かなりまとまった金額が必要な場合も利用可能です。
そして、返済などもセブンイレブンなどのコンビニATMから簡単に可能です。

一番気になる審査ですが、テレビ窓口などで簡単にできるようになっています。
銀行の融資ですので、基本給やボーナスなどの年収などの記載は必要ですが、特別複雑なものはないので大丈夫です。

かつ、バックボーンが銀行ということで安心感が高いです。